VISION

私が幼少期の頃、日本はバブルを経験しました。当時感じた事は”大人達がもの凄く楽しそう”という事でした。彼らは楽しそうに仕事をし、余暇を過ごしていました。 当時のエンターテイメントの中心であったTVからはその時代を描写する音楽や映画が矢継ぎ早で映し出され生産と消費の大きなうねりを実感させられ、そんな大人達を見て”早く大人になりたい”と思った事を強く覚えています。そして令和となった今、日本の子供達から我々大人はどのように見えているのでしょうか。楽しそうに生きてますか?早く大人になりたいと思う子供達がどのくらいいるでしょうか?子供とはその国の未来。日本を子供達の笑顔で溢れる国にしたい。私達JOINT CREWはWebとITの力で日本中に希望の持てる未来を提供しこの国の子供達を笑顔にしていきます。

株式会社JOINT CREW 代表取締役 村越 了

子供達の心身の健康を
底上げする。

01 ENVIRONMENT

子供達の笑顔を実現する為には家庭や地域をはじめとする環境が安全で健康的でなければいけません。保育園の待機児童、必要数を満たしていない地方の医師数、病児保育の利用率の低さ等ハードウェアにまつわる課題や 両親の離婚率の高さ、ネグレクト、育児うつなど人間の内面にまつわるソフトな課題もあります。私達は現在の育児を取り巻く環境の中でハード、ソフト共にWeb、ITを使ってもっと育児環境を安全に快適に、楽しくできると考えています。

02 REVITALIZE THE REGION

子供達の笑顔という視点で日本の人口推移を考えると、総人口の減少と都心部(東京)の人口増加は双方にとって望ましく無い事だと言えます。 また、人口推移を左右する大きな要素である有効求人倍率は令和元年の時点で都道府県別にみても1.0を下回ってる地域はありません。それにもかかわらず人口の都市集中が起こっている理由としては”やりたい仕事が地方に少ない”という事が考えられます。 私達は”やりたい仕事”を地方で創出し、地方に住み続けたいと思う人、地元に帰りたい人が遠慮なく帰れる環境を創り出していきその地域で育ち、その地域を愛し、その地域を支える未来の担い手(子供)の創出に貢献します。

03 ABOUT OUR GOALS

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。 具体的には17の大きな目標とそれらを達成する為の具体的な169のターゲットで構成されています。 ”日本中の子供達を笑顔にする”という私達JOINT CREWの目指すビジョンはSDGsの目標と大きくリンクする為、 弊社は自らが認定ファシリテーターとなりながら、この目標を達成しサスティナブル社会の実現に貢献して参ります。 弊社が17の目標の中で特に優先的に取り組んでいる目標は以下の5つです。

  • ・すべての人に健康と福祉を
  • ・質の高い教育をみんなに
  • ・ジェンダー平等を実現しよう
  • ・働きがいも経済成長も
  • ・住み続けられるまちづくりを

JOINT CREW
フィロソフィーIQ≦EQ

上記の課題を掲げ、弊社は以下の6つの理念を
社内一丸となって日々邁進できる様試みております。

  • 1. 「生き方」
    相手の立場になって考え究極のサービスをしよう。
  • 2. 「仲間」
    不平不満はご法度・提案、相談に変換して会話をしよう。
    上司たる者、部下からの提案、相談には必ず耳を傾ける事。
  • 3. 「社会」
    自分を育んだ環境(郷土・組織・コミュニティ・人)に恩返しをする努力をしよう。
  • 4. 「おすそわけ」
    有益な情報は与えた人にこそ集まる、だからこそ積極的に情報共有をしよう。裾を分け与えよう。
  • 5. 「目標設定」
    手段を目標にせず、”自分にとって価値のある夢”を目標に設定しよう。
  • 6. 「チャレンジ」
    常にトライしつづけよう。仲間が挑戦する際は社員は全力で協力しよう。